loading...

JISSEN-chiから最新情報やイベント情報をタイムリーにお届けします。
登録希望の方はこちら

クエストの種類

選択がここから始まります。クエストには、大きく分けると①スタンダードクエストと、②カスタマイズクエストの2種類があります。

難易度:普通 期間:4週間

スタンダードクエスト

自分でやりたいことを見つけるところから、仕事の仕方を学び、自分自身で企画書を作れるレベルまでサポートします。そのため、じっくり進めたい人向けのクエストです。

難易度:高 期間:2週間

カスタマイズクエスト

アイディアを形にするサポートをします。企画書をつくる、あるいはアイディアソン形式で0から形にする、など様々な進め方を用意していますので、ニーズにあった進め方を選べます。

通常のクエストプロセス

クエストプロセスは4週間あり、このプロセスをやり遂げた人がJISSEN-chi に入学できます。

1日目

JISSEN-chi 説明会

JISSEN-chiについてまずは知る期間で、2部構成となっています。1部では、ワークショップなどを通して、JISSEN-chiのカリキュラムの理解を深めます。2部は、FP(Foundation Period)に向けてJISSEN-chi で利用するツールやイベントの説明を行います。

説明会への申込
〜15日目

FP
Foundation Period

最終的にJISSEN-chi に入るかどうか決める期間です。JISSEN-chiが提供する学習環境へのアクセス権限を付与し、全ての資料を閲覧できます。またイベントにも参加でき、どんな人がJISSEN-chiで活動しているのかを知ることもできます。

資料の紹介
Notionのサンプル
〜30日目

WFP
Will Finder Period

自分のWillを見つける期間です。3つの研修を行いながら、1つのアウトプットを作り、その過程でWillを見つける期間です。各種オンラインツールの使い方や仕事の仕方を一通り学ぶことができます。

利用ツールの一覧
〜45日目

WPP
Will Pioneer Period

見つけた自分のWillを、形にする期間です。見つけたWIllをもとにプロジェクトや仕事を作り、それを形にする期間です。Googleやリクルートで働いている人が実践しているアイディアを形にする方法(企画の立て方、会議の回し方など)を学ぶことができます。

JISSEN-chiでの活動の特徴

各クエストプロセスの概要

代表作をつくる上でしっかり準備して、土台を作れるよう設計されています。

FP
Foundation Period

JISSEN -chiについて知り、入るかどうかの意思決定をする期間です。本当に自分に合った環境であるかを判断するために必要な情報を、実際に活動しているメンバーから直接聞くことができます。

Step 1

説明会に参加する

毎週末開催されるオンライン説明会で自分がJISSEN-chiで活動する具体的なイメージを掴んでいただきます。

Step 2

JISSEN-chiに参加するかどうかを
検討する

説明会後は、最大2週間、自分が本当にJISSEN-chiに入りたいかを考えることができます。この間に、街のイベントに見学として参加したり、過去に街のメンバーが作ったアウトプットを見たり、実際に活動しているメンバーと面談を組むことなどができます。

Step 3

参加の意思表明をする

JISSEN-chiに入ることを選択する場合は、説明会後に配布されるアンケートフォームを記入し、自分が希望するメンターや自分の研修先チームを選択することができます。

研修先チームへ
自己紹介

WFP
Will Finder Period

JISSEN-chiで活動をすると決めたメンバーがプログラムに慣れて、自律的に活動することをサポートする期間です。各メンバーには担当のメンターがつき、受け入れ先のチームも自分で選択することができます。自由度が高いからこそ、自分に合ったスピードで学びながら、やりたいことを見つけれらます。

Step 1

個別メンターと面談する

個別メンターは、WFPの期間になんでも相談できる自分専属のメンバーです。WFPを含むクエスト全体で行うことの詳細について教えてもらったり、チームでの活動に必要なツールの使い方を学べます。

Step 2

研修で基礎力をつける

JISSEN-chiでの基本となる働き方を学ぶ研修と、JISSEN-chi Philosophyを学ぶワークショップが用意されています。

JISSEN-chi Philosophy
Step 3

アウトプットを作成する

Step 2の研修を元に、議事録や企画書など、活動の基本となるアウトプットを研修先チームで実際に作成してみます。そうすることで、JISSEN-chiで今後より動きやすくなります。

研修先チームから
自分の希望チームへ移動

WPP
Will Pioneer Period

クエストの集大成として、これまでに学んできたことを活かして創造活動にチャレンジする期間です。実際のチームメンバーと同じようにアウトプットに取り組み、その成果や活動の方法を振り返ることで、JISSEN-chiの街の一員として求められることを身につけていきます。

Step 1

所属チームの責任者と面談する

研修先チームで基礎力を身につけた後、自分のやりたいことに合わせて所属チームを選ぶことができます。なお、移動先のチームの責任者と面談し、どのように自分のやりたいことが実践できるかを確認できます。

Step 2

所属チームの一員として
活動する

ここでは、所属チームのメンバーとして、他のメンバーとともに定例に参加したり、アウトプットを出します。また、ここでの活動を他のメンバー同様に内省し、強みを伸ばすための面談も用意されているので、自分に合わせた能力育成が可能です。

Step 3

最終受け入れ判断をする

これまでのみなさんの活動を踏まえて、本当にJISSEN-chiの街に受け入れることができるかどうかの最終判断を、所属チームの責任者が面談(City entry 面談といいます)で決定します。面談では、JISSEN-chi Philosophyをきちんと守れているかどうかが判断基準となります。受け入れ可能と判断されたら、プログラムに正式参加できます。

プログラムに正式参加!

Let’s Check Member's Voices

JISSEN-chiメンバーの声

JISSEN-chi で活動するメンバーの声を見ることができます。
以下では、JISSEN-chiの街において、「新メンバーをサポートする側」「街にサポートされる側」としての声をそれぞれ集めました。

カスタマーに寄り添い進化し続けるオンボーディング

JISSEN-chiのオンボーディングを作成するにあたり、2ヶ月間かけて約90名以上の大学生の困っていることをヒアリングしました。その結果見えてきたのは、「意識低い系」なんて一人も存在しないということです。どんな人も、自分なりに頑張りたいと思いながらも、一歩が踏み出せなかったり、行動が継続できていない様々な理由がありました。

JISSEN-chiのオンボーディングは、それらの悩みの1つ1つに寄り添い、自分なりの「選択」が可能になりました。その結果、専門領域での実践的なスキルを持っている大学院生から、パソコンをほとんど使ったことのない高校生まで、能力のレベルも興味分野も幅広い学生が満足のいく体験を作っています。

「探求」を軸とする創造活動に終わりはないので、オンボーディングも例外ではありません。カスタマーひとりひとりの要望に耳を傾けながら、より良い体験設計を皆さんと一緒に実現していきたいです!

JISSEN-chiならではの最高の体験を全員に

オンボーディングがまさに、JISSEN-chiの第一印象を決定する、コミュニティ運営の肝ともいえるような重要な時間だと考えています。新しいメンバーとしてJISSEN-chi に入ってくださる皆さんがこの『街』に対して、どれだけ信頼し、共感し、一緒に活動を続けようと思ってくれるかは私たちにかかっています。
そのためにも、オンラインでのコミュニケーションや働きやすくするためにはどういった共有の仕方が一番効果的か?いかにリモートで安心を届け、何より、どうすれば新しいメンバーが最初から『活動したい!』と思えるような場を作れるのか?ということに関して私たちは半年以上向き合い、幾千のトライ&エラーを繰り返し、そのたびにオンボーディングを育ててきました。
これから提供するクエスト形式のオンボーディングは、それらの経験を踏まえて作成した、過去最高の体制です。大きな特徴としては、オンラインでの活動は少なくても挑戦したいチャレンジャーな方から、大きな目標をもって推進したい野心家の方まで、多くの方に対応した体制を用意している点です。
今後もさらにパワーアップさせていきますので、楽しみにしてもらえるとうれしいです!皆さんの参加をお待ちしています!

RELATED ARTICLES