loading...

JISSEN-chiから最新情報やイベント情報をタイムリーにお届けします。
登録希望の方はこちら

ひとりひとりが
自分の役割の価値を認識する

カスタマーに対して出した価値が数字でわかる体制

管理会計の1つである部門別採算管理を導入。社内取引や費用の負担に関するルールを定め、各部門が密に連携し、街全体で進化する体制を構築。部門ごとの価値を定量化し、利益を合理的に分配。
それにより、自分自身が出している価値を把握し、「なんとなく活動する」ことから脱却して、街全体として価値のある活動を行うという意識を養う。

導入している会計システム

「管理会計」と「部門別採算管理」という仕組みを通して、個人・チーム・街全体が出した価値が、常に明確になります。

管理会計

街の全員が参加できる会計の仕組み

管理会計は、街の運営に活かすために作成する、街全体向けの会計です。管理会計の情報をもとに、街の状況の分析を行ったり、各施策を打つことができます。単にお金を管理するための仕組みではなく、街全体の運営をより良く行う役立つために導入される仕組みです。

目的:活動改善

タイプ:攻め&スピード

報告単位:部門別

部門別採算管理

部門ごとに出した価値を可視化する仕組み

部門別採算制は、街のDomain(部門)毎の損益を明らかにする仕組みです。Domain(部門)毎の採算が明らかになることにより、街の問題箇所の特定ができるようになり、各部門長の責任を明確にすることができます。また、各部門長に対して結果が「見える化」することで、改善への動機付けに繋げることができます。

価値の可視化

問題箇所の特定

改善への動機

会計体制の導入メリット

JISSEN-chiのメンバーは、街への積極的な参加者です。彼らは、街の課題や街のプロジェクトに自分自身の力を適用することで、有意義に街に関与し、貢献します。その結果、街の機能が充実し、様々なサポートを受けられ、さらに挑戦できるという良いサイクルが回ります。

メンバーの声

会計体制は、街のメンバーによって立案・運営されている施策です。ここでは、会計体制を担うメンバーの思いを紹介します。

運用プロセス

3ヶ月ごとに、どんなメンバーでも予算申請・報告ができる仕組みを整えています。

1

3ヶ月に1回行われる目標設定のタイミングにて予算申請

JISSEN-chi では、3ヶ月に1回目標を見直して、再設定を行います。その際に、前回立てた目標と現状を整理するのに合わせて、収支の精査を行います。またそれらの情報を元に次の3ヶ月の行動計画や予算計画を策定します。そこで予算が必要なチームは、指定のフォーマットを利用して予算申請を行います。

2

予算決議MTG用の資料作成

予算申請後、問題なければ予算申請をした全てのチームが集まる予算決議会議用の資料を作成します。収支や会計の知識がなくても、管理会計を担当しているチームメンバーが1チームにつき1人担当者としてついてくれるので、問題なく資料を作成することができます。

3

予算決議会議

予算申請をした全てのチームが集まる会議です。JISSEN-chi の代表や管理会計を担当するチームメンバーに予算の必要性をピッチします。予算を増やせるチームもあれば、減るチーム、そして予算がなくなるチームもあります。経営指針7箇条などを策定し、経営の意思決定基準を揃えているため、会議後に各チームは振り返りを行います。

4

予算振込、進捗・予算状況の報告

無事に予算決議会議にて予算承認が降りたチームには、予算が振り込まれます。そして申請した目的に合わせて投資します。毎月、プロジェクトの進捗状況に合わせて予算申請を行ったチームは予算の状況も報告します。

管理会計チームが考える次の挑戦

どのチームも管理会計を理解し、運用できる状態になり次第、次の挑戦をするつもりです。それは、「社内通貨の導入」です。半導体製造装置メーカーであるディスコ様が導入している社内通貨「Will」の体制をJISSEN-chiで整え、より一層ひとりひとりの成長を後押ししたいと思っています。

やつづかえり. “指示しない上司、仕事を選ぶ部下。社内通貨が実現した徹底的なボトムアップ組織”. Yahoo! JAPAN ニュース.
https://news.yahoo.co.jp/byline/yatsuzukaeri/20171222-00079560/
(参照 2021-04-29)

RELATED ARTICLES