loading...

JISSEN-chiから最新情報やイベント情報をタイムリーにお届けします。
登録希望の方はこちら

「学んだこと」で街を知る

JISSEN-chiのプログラム参加者が、活動を通して学んだことを掲載しています

影響と関心

溢れ返るほどの情報に囲まれ、激しく変化する今の時代、今まで当たり前に求めてきた「正解」がどんどんなくなっていく。何が正解なのか分からないからこそ、僕達は「学び方」を常にアップデートしなければいけない。
この章では、情報との向き合い方にフォーカスして、情報過多なこの時代に大切な考え方をみてみたいと思う。

人と比べることで「劣等感」を感じ、それが落ち込む原因になっている

『劣等感を抱くことは悪いことではない!?』
人と比べて、できていない自分に「劣等感」を抱くことはありませんか??
実は、その「劣等感」は成長に火をつけるものかもしれません!
「劣等感の心理学」としても知られるアドラー心理学ではこの劣等感を「劣等感の補償」と呼んでいて、「劣等感」を持つことを肯定しています。

学べる環境を整える

溢れ返るほどの情報に囲まれ、激しく変化する今の時代、今まで当たり前に求めてきた「正解」がどんどんなくなっていく。何が正解なのか分からないからこそ、僕達は「学び方」を常にアップデートしなければいけない。
この章では、シングルタスクの大切さにフォーカスして、学ぶ環境を整えるために必要な考え方を見てみたいと思う。

『共に働く仲間のメンタル不調の予兆に気づけてますか?』

「リモートワークだからこそ、あれ最近この子元気ないな?と気付きにくい状態」、「VARIETASというちょっと珍しい環境下だからこそ、中々一歩踏み込めない関係性」。皆程度の差はあれどこう感じたことあるのではないでしょうか?『共に働く仲間のメンタル不調の予兆に気づけてますか?』

誰でも成長できる

「思考の仕方編」では、JISSEN-chiで必要な思考に見ていきます。なので、「思考」という言葉の意味をちゃんと理解した方がいいと思ったから、Wikiから引っ張ってきました。
思考とは・・・
考えや思いを巡らせる行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である。
たぶん、ポイントは「考えや思いを巡らせる行動」で、つまり「考える・思う」ってことが思考の大切な役割みたい。
今回は「誰でも成長できる」をテーマに人間の成長と脳の関係を理解した上で、誰でも成長できるための行動を見ていきたいと思います。

仕事が忙しくて余裕がない時の対処法

心の余裕を取り戻すにはどうしたらいい?
私と同じように、あるいは私以上に忙しくて、「心の余裕がない…」「なんだか心が疲れたな…」っていう人もいるんじゃないかと思います。
そこで今回は、仕事が忙しくて余裕がない時の対処法についてお話ししますね。

「計画と大局観な学び方」

やりたいことややるべきことに囲まれる僕たちは、気がつかないうちに、つい目の前のことを終わらせることにばっかり目がいってしまう。期日が近いタスクをこなすコトだったり、漫然と計画なしに今やれることを費やしてしまうコトだったり。そういったコトたちから脱出するための「計画と大局観な学び方」を考えてみたい。

Related post

JISSEN-chi オンライン説明会

メンバーが直接、具体例を交えてお話しするので、実際の様子を詳しく知れます

JISSEN-chiでの必須ツールの使い方もお伝えするので、活動を一部体験できます

説明会当日にJISSEN-chiに入ることもできます

所要時間は約90分です

Follow us on instagram